SAMURAIクリニック 新大阪南方院

ED・AGA・バイアグラ・性病検査・発熱外来は新大阪南方(西中島)のサムライクリニック

HOME ≫ 男性ホルモン(テストステロン)補充療法 ≫

男性ホルモン(テストステロン)補充療法



加齢に伴い男性ホルモン量が低下することによる症候をLOH症候群(加齢性腺機能低下症)と呼びます。

LOH症候群は、うつ、性機能低下、認知機能の低下、骨粗鬆症、心血管疾患、内臓脂肪の増加、血糖値とコレステロール値の上昇に関連し、メタボリック症候群のリスクファクターになります。また心血管疾患、糖尿病、呼吸器疾患のリスクを高めます。男性ホルモン量が低下すると、活力と性機能が損なわれ、QOL(生活の質)に大きな影響を与えるだけでなく、寿命も低下することが最近の研究で明らかになっています。

初診時には、血液検査と問診スコアでLOH症候群の診断を行い、患者様の状態とご要望により、以下の男性ホルモン注射(保険診療が可能)、gel剤、内服薬の中から選択、組み合わせて男性ホルモン補充療法を行います。

男性ホルモンが増えると
若々しくエネルギッシュに

メンタルが安定してポジティブに
筋量が増え脂肪が落ちる
男性機能が強くなる

として、注目されています。
  • 定期的に男性ホルモン値の測定と、PSA値(前立腺がんの腫瘍マーカー)の測定が必要となります。
男性ホルモン補充療法

治療薬一覧

テストステロン注射

テストステロンエナント酸エステル筋注250mg

男性ホルモン注射です。通常一か月に1~2回筋肉注射します。

初診時検査セット
(初診料込み)
12,000円
男性ホルモンPSA値検査料
(診察料込み)
7,000円
男性ホルモン注射
(診察料込み)
250mg
4,000円

保険診療が可能な場合には、上記価格よりかなり安くなります

テストステロンジェル

テストステロン治療認定医を取得した医師のみ処方できるお薬です。直接皮膚に塗布する外用薬となります。 ゲル製剤は注射剤よりも濃度の上昇が急ではない為、副作用は少ないです。 投与量が多いと、多血症・肝障害・凝固能亢進が起こる事がある為、定期的な採血が必要です。

男性ホルモンgel剤
1UPフォーミュラ(5%テストステロンジェル)
処方手数料2,000円
(代金はオールインワン薬局へお支払い)


テストステロン治療認定証

1%テストステロンジェル 約1か月分(5g×5パック) 3,000円

SAMURAIクリニック 本院サイトはこちら


モバイルサイト

SAMURAI クリニック 新大阪南方院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら